印材にこだわる

印鑑の印材イメージ

印鑑を持つ時、昔から印材は象牙が一般的で、決まっている感じがありますが、今その象牙は入手することが困難になりました。
なぜなら、絶滅の恐れがあるので、ワシントン条約により、輸入することが難しくなったからです。

そのため、象牙の印鑑というのは、手に入れにくい、とても高価なものになりました。
しかし、印鑑の印材は決して象牙でなくても良いですし、印鑑に最適な印材はいくらでもございますし、種類も豊富にございます。

最近では、黒水牛などの印材が人気になっていますが、クジラの歯でも、印鑑になるのを知っていますでしょうか。
あまり流通することがないのですが、クジラの中でも、マッコウクジラだけは歯が生えているため、その歯を印材にしてしまおうというわけです。

しかし、特上の印材であり、1本の歯から数本しか作ることができないそうです。

他にも、変わったものといえば、マンモスの牙を印材にした印鑑があります。
これは、シベリアから輸入されるものなのですが、数少ない貴重な印材となりますので、今後のことを考えると、極めて貴重なものとなるでしょう。

こうした、象牙に変わる「牙」を使った印材も素敵ですが、アルミでも印鑑が作れるのです。
アルミと聞くと、安っぽく感じるでしょうが、とても軽く、そして丈夫で欠けにくいということで、人気が集まってきています。

さらに、カラフルな色がたくさんあるので、見た目でも楽しむことのできる印材です。
色の種類が増えると、見た目で楽しむだけではなく、色ごとに使う印鑑を分けられるというメリットもありますので、おすすめできる、印材でしょう。

ページの先頭へ