金運アップや開運を狙う

  • RSS

印鑑を作る時にこだわるものは、たくさんありますが、この書体もこだわることのある一つと言えます。
印鑑に使われる書体で、一番人気があるのは篆書体(てんしょたい)と言われているもので、幾何学的であり、それが格式ある雰囲気を持っているので、多く使われているそうです。
次に多い書体は、吉相体と呼ばれているものですが、これは姓名判断をして、こうした書体がいいでしょうと言われたものを、印鑑にしたものなのですが、昔から馴染み深いせいか、年配の方にとても人気のある書体です。

昔は、印鑑と言えばとても高価なもので、今よりも、もっと貴重とされてきました。
そして、自分の分身だという気持ちも、強かったため、吉相体に人気が集まったそうです。
今も、開運印鑑などという印鑑を見かけますが、昔ほど人気があるわけではないのかもしれません。
他にも、古印体、隷書体、行書体などと、色々な書体がありますが、個人的な意見を言うと、行書体が一番好きですが、みなさんはどうでしょうか。

書体に関しては、実印だけではなく、銀行印の書体にもこだわる方がいます。
それは、銀行印には、金運が吉となる印相体で、なおかつ横書きのものがいいとされているからです。
風水的に見ると、縦書きの印鑑を使うと、お金が流れていくということを表わしているため、横書きの印鑑をおすすめしているようです。
占いや風水などを気にして金運アップや開運を狙っている方がいれば、運試しに変更してみてもいいかもしれません。
その時、書体を印相体にするのを、忘れないようにしてくださいね。

このページの先頭へ