印鑑は自分を表す

  • RSS

印鑑にこだわりを持っている人であれば、誰もが、完全手彫りの自分だけのオリジナル印鑑が欲しいと考えるでしょう。
では、なぜ完全手彫りの印鑑がいいと感じるのでしょうか。
それは、偽造されにくいということだけではなく、職人さんが、自分の名前を丁寧に彫りあげてくれるということと、世界に一つしかない印鑑が、出来上がるということも理由のひとつではないでしょうか。

職人さんが、一から手彫りで作ってくれた印鑑というのは、やはり既存品や、機械仕上げのものとは違って、一つ一つ気持ちをこめて作られています。
手に取ると、その気持ちが伝わってくるので、印鑑にこだわる人は、手彫りの印鑑がほしいと感じるのでしょう。
しかし、機械で作った印鑑だからといって、決して悪いわけではありません。
もちろん、機械で作った印鑑は、手彫りに比べたら偽造されやすいかもしれませんが、すぐに欲しい時などに、手に入れることが簡単だというメリットもあります。
印影に関しては、手彫りに比べると、やや劣るところもありますが、こだわりを持っていない人であれば、満足のいく印鑑でしょう。

しかし印鑑にこだわりを持つと、どうしても、お金がかかってくるものになります。
機械で作った印鑑と比べると、手彫りの印鑑は一桁値段が変わってきます。
そうしたことを考えると、こだわりたくても、こだわることができないという人も出てくるでしょう。
ですが、印鑑の中でも、実印というのは、自分を表わすものですし、一生物なので、少し貯金をしてから、手彫りの印鑑を購入してもいいかもしれません。

このページの先頭へ